近年、喘息に効果的と言われるサプリメントがさまざま販売されるようになっています。ただ、ひとつ間違えないで欲しいのは、サプリメントで病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)が治るわけではありません。あくまでも、症状の緩和や予防効果、或は、体質改善によって喘息発作が起こりにくくなるという目的で使うものです。緊急的な発作の緩和や病気の改善では、医師(不足気味だといわれて久しいですね。選択の余地もないような地域も少なくありません)の指示に従った生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)改善や薬を使用しなければならないのです。それを踏まえた上で、少しでも体質を改善して発作を減らしたり症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を緩和してたいと言う場合には、サプリメントを利用するという手段もあるという風に考えて下さい。喘息は大人になったら改善すると言うのが一般的に有名なになるはずです。一昔前は、成長して体力が付けば自然と治るものとされてきました。しかし、近年、けして大人になれば治るって訳ではない事例もたくさん出てきています。それは、アトピー性皮膚炎も同じです。アレルギーが原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)ともなれね、アレルゲン(アレルギーの原因となる物質のことで、人によっても畭なるでしょう)を徹底的に排除するしかないものです。それに加えて、サプリメント(中には粗悪品もありますから、信用できる会社の商品を選ぶことが大切です)で体質改善を行うことが効果的と言えます。気管支の炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)を抑え、喘息の発作が起きるのを防止する成分として注目されているのが、ビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)Aに含まれているβ−カロチンとビタミンEです。また、喘息の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を緩和するとされる成分はα−リノレン酸です。これらが含まれている食事を摂れば良いのですが、食事で摂取出来ない場合はサプリメントで補うといいですね。但し、脂溶性ビタミンの過剰摂取は別の病気の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)ともなりますから気をつけてくださいー